2014年11月03日

印紙を貼り忘れた場合の過怠税とは?

前回のブログでは税務調査で印紙を貼り忘れていることを指摘され、過怠税を徴収されるケースを書きました。
今回はその過怠税について。

【Q】
印紙を貼り忘れていることが税務調査で判明した場合の過怠税とはどういうものですか?

【A】
本来は納付すべき印紙税を納付していなかった場合には、その納付しなかった印紙税とその2倍に相当する金額との合計の金額、つまり当初に納付すべき印紙税の額の3倍の過怠税が徴収されることになります。

ただし、税務調査を受ける前に、自主的に不納付を申し出たときは1,1倍に軽減されます。


ラベル:過怠税 税務調査
posted by 税理士・山内司/山内会計事務所 at 09:41| 印紙の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

印紙の貼り忘れは高くつく

3年間で印紙税約2億6千万円の納付漏れとは大きいなあ。

中日新聞記事「ユニー、印紙税納付漏れ 3年間で2億6000万円


税務調査で印紙の貼り忘れを指摘され、過去にさかのぼって膨大な金額の税金を支払うことになるケースがよくあります。
(おまけに過怠税まで徴収される。)

今回のケースでは、ユニーがテナント業者から毎日の売上金を預かるときに発行する「入金票」に印紙を貼っていなかったことを国税局が指摘。

ユニーは「一時的にお金を預かっていただけなので、入金票は受取書ではないと解釈し、印紙を貼らなかった。」とのこと。

ちなみに現在は5万円以上の金銭の受取のときに発行する書類(つまり領収書)を発行するときには収入印紙を貼る必要があります。


ラベル:領収書  印紙 
posted by 税理士・山内司/山内会計事務所 at 06:34| 印紙の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。