2014年12月02日

医師や歯科医師が発行する領収書の印紙

【Q】
医師や歯科医師が診療代として受け取る金銭の領収書には印紙を貼る必要があるのでしょうか?


【A】
個人事業主としての医師や歯科医師が診療代について発行する領収書には印紙を貼る必要はありません。

「売上代金に係る金銭や有価証券の受取書」、つまり一般的に言う領収書については、1通につき5万円以上のものについては、印紙を貼付して印紙税を納めなければいけません。

(以前は3万円未満が非課税でしたが、平成26年4月1日より非課税は5万円未満になりました。)

この「売上代金に係る金銭や有価証券の受取書」は、一般的には「営業取引」に関する受取書のことをいいます。

ところで、医師や歯科医師、弁護士、司法書士、税理士などが業務上作成する受取書は、「営業に関しないもの」として取り扱われています(印紙税法基本通達別表1.22)。

したがって、医師や歯科医師が業務上作成する受取書には印紙の貼付は必要ありません。



【関連する記事】
posted by 税理士・山内司/山内会計事務所 at 17:17| 領収書の印紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。